【鍼灸治療】先生に言われたこととは?

妊活奮闘記

こんにちは!一花(いちか)です。

さて、不妊治療を辞めて、鍼灸に集中しますと昨日ブログに書きました。
鍼灸には既に3回程通っているのですが、まずは初診の際に院長先生から言われたこと、そしてここに通うと決めた経緯についてご説明しますね。

私が今通っているのは、ここの病院です。

清野鍼灸整骨院 京王線調布駅前の治療院
肩こり、腰痛をはじめ、頭痛、目の疲れ、耳鳴り、歯の痛みなどにお悩みの方は、東京都調布市にある清野鍼灸整骨院へご相談ください。臨床歴40年に及ぶ実績と経験から、的確に指導致します。_
私の自宅から20分ほどで、乗り換え無しと立地的には良い感じです。

そして、何よりもここ!

昨日の記事でも書きましたが、ホームページに書かれているこの文言が気になって気になって。

お子様を授かりたいという願いをサポートしております。

ご夫婦ともに生殖機能が正常な場合、今まで妊娠しなかった例はありません。生活様式を改善するだけで、2~3ヵ月後に妊娠する例は少なくありません。週に2回程度の治療を3ヶ月行っていただければ妊娠する例がほとんどです。高額な人工授精をお試しになる前に、是非鍼灸治療をお試しいただきたく思います。人工授精後、着床が良くないという方も、受精卵を体内に入れた日から数回鍼灸治療をしていただければ、流産しなくて済むことがほとんどです。

鍼灸治療に目を向けていただければ、不妊に悩むことから開放される確立は、極めて高いと言えます。
ここまで言い切ることができるのって、よっぽど自信があるってことですよね?

色々と難しい時代に、公の場にここまで書けるのは正直びっくりしました。

だからこそ、まずは行ってみようと思ったのです。

初めて行った日は、30分程カウンセリングがあり、その後に鍼治療を受けました。

カウンセリングの際は、今までの不妊治療の経緯や状況について結構細かく聞かれました。
私は人工授精を1回したがダメだったこと、クロミッドなしでは恐らく排卵もできていないこと、そもそも昔から生理不順だったことなどを伝えました。

その上で、先生から質問されたのは、体温についてです。

「平熱ってどれくらいですか?」と。

実は私、昔から体温が低いんです。
だいたい35.5が平熱。

なので、36度台に入ると微熱になります。

それを伝えたら、先生から「低すぎるね」と言われました。

体温が低いと、卵巣機能も正常に作用しないということがあるそうです。

また、そのまま妊娠したとしても、いろいろなリスクが考えられるんだとか。

体温と不妊については、後日別の記事でまとめたいと思います。

先生は、治療に10回くらい通うと体温が上がってくるだろうと言っていました。

そして、三ヶ月程で妊娠できると。
ただし、本当に元々排卵が上手くできていなかった場合はもう少しかかるかもしれないとのことでした。

つまり、まずは体質改善。

そのためには、週2~3日ほど通わなければなりません。

1回あたり5400円と決して安くはありません。

それでも、私はここに掛けてみようと決めたのです。

 



(ブログランキングに参加していますので、宜しければ応援クリックお願いします^^)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

コメント