スポンサーリンク

35歳以下じゃないと絶対嫌という男

婚活のハナシ

こんにちは!一花(いちか)です。

今日は婚活の記事を書きたいと思います。

私が、婚活コンサルタントというお仕事をしている中で出会った人たちのことを
少しフィクションも混ぜながらお話できればと思います!

今回は『 35歳以下じゃないと絶対嫌という男 』編です。

婚活男性に、お相手の理想条件を聞いた時「35歳以下じゃないと絶対嫌です」と答える方は割と多いです。特に、子供を望まれている人は、多くの方がそう言いますね。
(逆に、子供が絶対欲しいです。と言いながらお相手希望年齢が40歳までとかだと、それはそれでちゃんと考えてのことなのか心配になりますが…)

35歳以上から高齢出産になるという知識は、男性にも浸透しているのでしょう。

それに、もちろん今婚活中の身なのですから、良い人と出会って結婚し、出産までいくのには数年かかると思われます。なので今の年齢を考えた時に、現実的に35女性がギリギリと言われるのです。

問題は、これが20代や30代の男性が言うのならいいのですが、40代、50代男性までもそう言う人が多いということです。
まあつまり、子供となると女性の方は年齢的なリミットがあるから、自分の年齢は棚に上げ、なるべく若い女の子がいいということになりますね。

おっしゃっていることは良くわかります。
私だって、妊活をしている身。子供を授かることの難しさも、不妊治療の辛さも、ある程度は分かっているつもりです。子供が欲しいのであれば、確かに若い女性の方が確率はあがりますから、そう言われるのも無理はありません。

でもね。
当たり前の話ですが…
婚活は、選ぶだけではないんです。選ばれないといけないんです。

考えてもみてください。
20代だけではなく、すべての年代の子供欲しい男性の多くが、35歳以下の女性を狙っているんですよ?かなりの倍率です。

35歳以下ならどんな人でもOK~!って言うなら話は別ですが、「そりゃあ可愛い人がいい」「家庭的で家事とかもちゃんとしてくれる人」「やさしくって気配りができる人」「あまり太っているとちょっと…」

はいはい、皆さん言うことだいたい一緒です。

つまり、こういう婚活市場において「スペック(年齢・性格・外見・家事スキル)の高い女性」たちは、倍率が高く、いろんな世代の男性から狙われるわけですね。

※スペックが高い女性と言うと、美人や可愛い人を思い浮かべるかもしれませんが、ご容姿レベル普通で若いとなると、婚活市場でのスペックは高いことになります。

そんな中、40・50代の男性たちが、そういった女性から選んでもらえると考えるのは、あなたのどういった所に惹かれてのことなのでしょうか?

「年収かな」と思う人が多いかもしれません。

なぜなら、今まで仕事ばっかりやってきて婚期を逃した(婚活を特にしてこなかった)パターンの人が多いからです。忙しくしていて、気づいたらこんな歳だったと皆さん口をそろえて言われます。

なので、今まで仕事に集中してきた分、もちろん若い男性よりは経済力がある!と。

そうですね。東京近郊で言うと、年収1千万円こえていれば、たしかにワンチャンありそうです。
結婚するなら、まずはお金が命!と思っている若い女性から、ね。

でも、もしあなたの年収が、あなたの年齢の平均金額(もしくは、そのちょい上くらい)なら…
スペックの高い女性は、これからの将来もある若い男性を選びそうだと思いませんか?

大事なのは、【あなたが、あなたの求めている理想の相手だったとして、結婚相手にあなたを選ぶ理由はなんですか?】ということなのです。

厳しい言い方ですが、これが需要と供給です。

残念ながら、男性の精子だって老化します。
自分は大丈夫だと思っている男性が多いようですが、今不妊原因の半分は男性だと言われています。
そして、あなたの子供が成人した時、あなたは何歳でしょうか。

婚活女性たちは、そういったところもシビアに見ている人達が多いのです。

ただ、もちろん「なので諦めてください」と言うわけではありません。
次に大切なことは3つ。

一つ目は、倍率の高いところを狙うならなおさら、自己分析をしっかりして、自分の良いところを上手くアピールしましょう、ということです。
あなたのアピールポイントは?女性から見て「いいな」と思ってくれそう、かつ若造たちには負けていないところはどこですか?

二つ目は、年齢差OK!と思っている女性に集中してアプローチしましょう
自分より年上は絶対ヤダ!と言っている女性とばっかり会っても仕方がないですということです。どうしたら、年齢差OK!と思っている女性たちに会えるか…それはやり方次第です。もちろん分母は減ってしまうと思いますが、効率的に動きましょう。

最後の三つ目は、お相手条件の優先順位を決めて、自分にとって低い項目は条件を緩めましょう
例えば、ある40代男性に、お相手に求める条件を優先順位が高い順に聞いてみました。

条件①:35歳以下の女性(子供が欲しいから)
条件②:自分と同じく、子供を望んでいる
条件③:タバコ吸わない・ギャンブルをしない
条件④:優しくて、自分と価値観・話が合う人
条件⑤:見た目は普通以上、中肉中背
条件⑥:家庭的な人(自分は仕事が忙しいので、手伝うくらいしかできない)
条件⑦:東京・神奈川在住(自分が横浜に住んでいるので)
条件⑧:趣味の旅行や映画鑑賞を一緒に楽しめる人

沢山出てきましたね。でも本当はまだまだあると思います。
取り合えず、この男性にとって大事なのがこの8点だとして…
先ほどの話に戻りますが、大切なのは優先順位。
高いものはもう仕方ない。その人の価値観ですから。それを妥協してまで結婚したいのかとなると、そうじゃない人が多いでしょう。
ですから、低いものから広げていくのです。

例えば、「条件⑧:趣味の旅行や映画鑑賞を一緒に楽しめる人」
そりゃあ、趣味が合うに越したことはないと思いますが、どうせが子供できたら旅行やら映画やらと夫婦でのんびりできる時間なんてなくなります。子供中心の生活になっていくのです。
そう思うと、絶対条件ではなく、緩和できそうじゃないですか?

次に「条件⑦:東京・神奈川在住(自分が横浜に住んでいるので)」
これもまあ、分かります。デートするときも、なるべく近い方がいいですもんね。その分、頻繁に会えます。特にこの方は仕事で毎日忙しくしている訳なのですから。
それに、結婚してからの住まいも気になりますよね。
でも、今の住まいと結婚してからの住まいは別ですよ。多くの方にとって。
確かに場合によってはちょっと揉めるかもしれませんね。お互いの職場の位置や親族の住まいなども関係してきたりするでしょうから。
でも、あなたとお相手の間で、建設的に話し合いをし、お互いの妥協点を見つけられる関係でないと、そもそも円満な夫婦関係を続けていくなんて土台無理な話です。
だって、夫婦になったら、越えなければならない壁なんて沢山でてくるわけですから。
なので、今から居住地を狭めることよりも、そうやって壁を一緒に越えていけそうな人を探す方がよっぽど大事かと。もちろん、横浜の男性に、関西まで広げましょうとはいいませんが…

そして、「条件⑥:家庭的な人(自分は仕事が忙しいので、手伝うくらいしかできない)」
これ、女性の社会進出が進んだ今でも、根強い人気ですね~。
専業主婦になって欲しいとは思わないが、家庭の大半のことは任せたいと思っている男性。僕もやります!と言いながらも、あくまで「お手伝い」のスタンスが消えない男性。などなど。

気持ちは分からんでもないですが、こういうことを女性に言ってしまう、無意識に求めてしまう男性と

「自分も家事を積極的にやるので、お相手女性にも休めるときは休んでほしい!たまには一緒に料理もしましょう。まだまだ不勉強なので、色々と教えて欲しいです。」

くらい言える男性と、どっちが求められるかという話です。
相手に求めるばかりでなく、自分も変わろうとしている・譲歩できるよという姿勢も大事なのではないでしょうか。

などなど、こうやって自分の理想像や(無意識に見ている)条件を見直してみると、まだまだ広げられる余地はあるんじゃないかなと思います。条件が少しでも緩まってくると、もちろん母数が広がりますよね。

まとめです。大切なことは以下の3つ。

自己分析をしっかりして、自分の良いところを上手くアピール
★ターゲット(年齢差OK!と思っている女性に)絞って集中してアプローチ
★お相手条件の優先順位を決めて、自分にとって低い項目は条件を緩める

「35歳以下じゃないと絶対嫌です」と言ったとしても、この3つのことをしてみるだけで、少しは…可能性が広がってくるのではと思いますよ!
もちろん、これはそれ以外の婚活男女全般にも言えることですね。
ご参考までに。

コメント