正直、妊活を甘く見ている30代独身女性は危険だと思う。

妊活のハナシ

タイトルにはっきりと書いてしまいましたが、今30代で婚活をしていて、かつ何となく子供が欲しいな~と思っている女性は、もっと妊活の現実を知るべきだと私は思っています。

20代の若造が何を偉そうにと思われる方もいらっしゃるでしょうが…
そう思うようになった経緯も踏まえて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

婚活サービスに携わって見えてきたこと

何故こんなことを言うのかといういと、私は現在、仕事で婚活サービスに携わっています。
婚活をしている人たちとマンツーマンでお話をし、婚活相談に乗ったり、結婚観やこれからのビジョンを伺って一緒にこれからのプランを考えたりします。

で、見えてきたこと。

先述した通り、30代女性で、婚活をしていて(つまり結婚したくて)、かつ子供が欲しいと思っている人はたくさんうちに来ますが、自分の妊娠力が年々低下していることにあまり関心を持っていない。というか、あまり考えていない(知らない)という人が圧倒的に多いのです。

もちろん、中にはきちんと自分で調べたり、周りに聞いたりして知識を付けている、だからこそ焦っている人もいます。30代後半の独身女性に、将来のことを考えて卵子凍結しようと思っている…と打ち明けられたこともあります。

ただ、そういう人は稀です。
大げさかもしれませんが、相手さえ見つかれば、普通に子供ができると思っている人が多いのです。そもそも「高齢出産」が35歳以上を指すことさえも知らない女性に出会ったことも何度かあります。

特に妊活のことを真剣に考えていない人ほど「だって芸能人でも結構40代で産んでるじゃないですか」とか、「私の周り、高齢で産む人多いんですよね。やっぱりそういう時代ですかね」とか、そういった発言が目立ちます。

もちろん確率論ですので、40歳になってもポッと産む人もいれば私のように20代でも苦戦する人もいる。未来のことは誰にも分らないことです。
それで焦って、良いと思えない人と無理やり結婚するのも違うと思います。

ただ、リスクは年齢とともに確実に上がっていくのに、それについて自分で調べて知識を得ようとせず、現実を知らず、なんとかなるだろうとのんびり婚活をしている人は危険だなと思うのです。

無知ほど恐ろしいものはありません。

今のんびりしていたり、仕事で忙しいことを言い訳にして婚活から目を背けている(でも将来的に子供は欲しい)人は、自分の未来の選択肢を確実に減らしていることになるのです。

妊娠力は確実に年齢ととも低下する

卵子はもともと生まれたときに体内に出来上がっており、年々減少して、一生新たに作られることはありません。20代に20~30万個だったものが、30代後半から減少速度が速まり、40代に入ると数千個になると言われています。何十万から何千に一気に減るのです。もちろん、その分妊娠の可能性は激減するということです。

さらに怖いのは、数のみではなく質も低下するということ。

個人差はありますが、35歳以降になるとだんだん卵子の表面的なツヤ・弾力性がなくなり、形もいびつに。形がいびつな卵子は、正常の卵子と比べると受精しにくいと言われています。

そして、流産や生まれてくる子供の障害など、妊娠・出産の異常も起きやすくなります。
年齢のみならず、ストレス、過度なダイエット、食事、喫煙習慣、睡眠不足などでも卵子の老化が加速すると言われています。
そして、自分の見た目年齢なら、運動やお肌の手入れ、洋服などで若返えらせることができますが、卵子は若返らせることはできません。

そういった事実を知らずに、また、調べようともせずに「でも友達も30代とか40代で産んでいるし」と思っていると危険だ、ということを私は言いたいのです。

出来得る限り婚活を頑張ったのに、なかなか良縁にたどり着けず、高齢出産の年齢を迎えてしまったのならいざ知らず、そうではなく『なんとなく月日が経ってしまって』高齢出産を迎えてしまって、結果それが原因で将来的に子供に障害が出てしまったとしたら…あなたは後悔しませんか?と言いたいのです。
私なら自分を責め続けます。早めの段階で、真剣に婚活に向き合わなかった自分を呪うと思います。

また、タイミング療法や排卵誘発剤(クロミッド)でしばらく様子を見るのは20代だからできること。

年齢が上がれば上がるほど、そんな悠長なことは言っておれず、2~3周期だめだったら、すぐに人工授精・体外授精・顕微授精とどんどんステップアップしていき、特に体外授精以上になると20~50万円/回ほどのお金がいっきに飛んでいきます。しかも確率は20%くらいしかなく、辛い思いをしながら治療を繰り返していかなければならないのです。

子供を望む男性は、若い女性を求めているという現実

そして、子供を望む婚活男性もまた、35歳までのお相手を求めていることが多く、さらに20代後半など若ければ若いほど良いと思っている人が圧倒的に多いのです。

それは、男性側が何歳になってもあまり変わることはありません。
35歳以上が高齢出産になるということは、男性もなんとなく知っているのですね。

「子供が欲しい」と思っている婚活女性は、もちろん「子供が欲しい」と思っているお相手がいいと思います。ただ、そのような男性は若い女性を選ぶ傾向にあるので、婚活とは本当に『年齢』が大切になってきます。現に、30歳になったばかりの婚活女性が、「29歳のころと比べて、1歳しか変わらないのに全然選ばれなくなった…」という話もよく聞きます。

まとめ

このような現実を知識として知っている人と、まったく知らなくてのんびりしている人では婚活に対する意識が全く違うのです。

知識を得ていれば、【今自分ができること(婚活)を最大限しよう】と思える、

知識を得ていなければ、【まだまだ大丈夫だろう、いつか運命の人と出会えるだろう】と思って

婚活アプリをたまにやったりするものの、それで上手くいかなくても「いつか」という思いから抜け出せない。そうやって年齢だけ重ねていく。

婚活サービスに携わるようになって、そんな人達をたくさん見てきました。
正直、凄く悲しくなります。

 

ただ、逆にこの仕事に就いたからこそ、私はそういう人達に妊活のリアルを伝えられるようにもなりました。
デリケートな話題なので言葉は選ぶようにしていますが、私の実体験などを交えて妊活の厳しさをお話することも多々あります。
それでも「他人事」という感じから抜け出すことは難しいと思いますが、少しでも「自分にもその可能性があるんだ」と思ってもらうことが大切だと思っています。そして、特に女性には、「今」の時間、年齢を大切にしていただきたいなと心から思います。

少しでも多くの子供を望んでいる婚活女性が、知識不足により将来の選択肢を狭めることがないよう、私も自分ができることを精一杯やっていきたいなと思う日々です。



(ブログランキングに参加していますので、宜しければ応援クリックお願いします^^)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ にほんブログ村

コメント